赤坂山王下交差点横  日枝神社ななめ前  千代田線「赤坂駅」銀座線・南北線「溜池山王駅」より徒歩3分  丸ノ内線・銀座線「赤坂見附」より徒歩5分

胃の病気の症状

消化器外来でよく相談を受ける症状や疾患には次のようなものがあります。頻度の多いものからいくつか臓器別にご紹介していきましょう。

もたれ・おなかの不快感・おなかの痛み

いつも食後にむかつきを感じる、食事をするとすぐに腹満感で食べれなくなる、みぞおちの不快を感じやすく直ぐに治らないなど症状が続く方の中には胃や腸の機能の異常、つまり運動機能低下などが原因となっていることが多くあります。最近では機能性ディスペプシアという疾患概念が用いられています。

 前に罹った医師から「検査でなにもないから心配ないよ」と言われたり、薬が効かないか飲むのをやめると症状が残ってしまう方の中にこの疾患が多くみられます。

機能性ディスペプシア
【FD Functional dyspepsia】

  • 主な4つの症状は「食後のもたれ感」「食事開始後まもなく胃が一杯になりあまり食べられない」「みぞおちの痛み」「みぞおちの焼ける感じ」です。
  • 前2つの症状、つまり食後の症状がメインのタイプの人(食後愁訴症候群)と、後2つの症状がメインの(心窩部痛症候群)とに分かれます。症状が複合的でどちらとも言えないような方もいます。
  • 胃の動きを改善する薬、胃酸の分泌を抑える薬などを使い分けたりしながら治していきます。心理的、社会的要因が関係することもあるので正していくことも大事です。

酸っぱい液があがる、おなかの痛み、咽頭の異和感

以下の疾患も外来診療では比較的頻度の高い疾患です。

逆流性食道炎

  • 胸やけ、胸の酸逆流感、みぞおちの痛みなど胃酸や腸液の逆流主体とした症状ですが、あたかも心臓が悪いのではないかと感じるような胸の痛みを感じる方もいらっしゃいます。このような場合には循環器疾患との鑑別も大切です。
  • 喉元付近の異和感が続くケースもあります。喉の病気かと思い耳鼻科を受診した後に来られる方もいます。咳払いをしたくなるようなイガイガや、そのうち咳自体が症状の中心になり慢性の咳となる事もあるため注意が必要です。
  • 胃カメラ検査では胃食道境界部の粘膜にビラン(ただれ)や潰瘍などの変化が確認されます。甘いものを食べた後や飲酒後の朝に胸やけを感じる事は誰にでもある事ですが、症状が続きつらい場合は是非相談ください。

食道カンジダ症

  • 頻度は高くありませんが、免疫力の低下した方やステロイドホルモン薬を使用中の方などがなりやすい病気です。カビの仲間であるカンジダという菌が食道や口腔内に蔓延る病気で、ひどい場合には食道の壁が白い菌糸の塊でぎっしりとなる事があります。
  • のどの異和感や胸のしみる感じでみつかることもあります。診断後は抗菌薬で治療ができます。程度の軽いものは症状もなく飲酒家や中高年の方にみられる事があります。

腹痛 黒色便 食欲低下 味覚低下 みぞおちの重たい感じ

胃・十二指腸潰瘍

  • 原因としてはストレス、刺激性食品の過剰摂取、薬剤性(とくに痛み止め)、胃酸過多となる特殊な疾患、栄養状態不良、その他複合的な原因などが考えられますが、もともとヘリコバクター・ピロリ菌が胃に感染している方がなりやすいことが分かっています。
  • 黒い炭色の便(黒色便)がでているような場合は潰瘍からの出血が疑われます。すぐに受診して下さい。
  • 必ずしも強い痛みがない方やたまたま血液検査の貧血でひっかかりみつかることもあります。見つかったらピロリ菌の除菌までしっかりおこない再発を予防するのが一般的です。

慢性胃炎

  • 上記のような症状を呈する方で潰瘍がなく、胃炎のみがみられる場合に診断されます。
  • 多くの場合にはピロリ菌の感染がベースとなっています。ピロリ菌は持続的な感染と炎症を胃でおこすためです。胃粘膜の萎縮や腸上皮化成というゴツゴツした変化、炎症による赤みが内視鏡検査で確認できます。
  • ピロリ菌による慢性胃炎は胃がんのハイリスクとなるため、定期的にチェックする事が奨められます。
  • 最近は市や区でおこなっているABC検診が広まり採血検査で簡単にピロリ菌と胃炎の有無がわかるようになりました。お住まいの地域で検診をやっているか調べて受けてみるのも良いでしょう。
  • ピロリ胃炎以外にもストレスなどが原因でおこるびらん性胃炎、表層粘膜が赤くなる表層性胃炎などがあります。胃カメラでは簡単に診断することが可能です。

胃がん

  • 胃粘膜からでる上皮性の悪性腫瘍を胃がんといいます。症状は一概には言えませんが、上記のような症状がしばしばみられます。特に、体重減少や食欲低下がみられる場合や疲れやすさ(易疲労感)が強い方の場合は早急に検査をしてこの病気がないか確かめたほうが良いでしょう。
  • 早期のがんは症状がない事が多いため注意が必要です。また日本人の胃がんのほとんどはピロリ菌感染者からおこるため検診の機会にピロリ菌の感染の有無を調べ、存在した場合は胃カメラをチェックした上でピロリ菌退治(除菌)をする事が奨められます。
胃がん写真
特に症状なく検診で発見された症例です。
左側の小さなくぼみが病変で、
1cmに満たない早期のガンで内視鏡治療の適応です。
ピロリ菌感染により起こる萎縮性胃炎を背景に発生します。